30代からの日焼け止めは危険?対策や正しいスキンケア方法

「25歳はお肌の曲がり角」という言葉がありますが、20代から30代に突入すると突然お肌にシミを発見してしまったりしますよね。

 

一度日焼けをすると元のお肌のコンディションに戻るまでに時間がかかってしまったりという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は30代からの日焼け対策や正しいスキンケア方法を解説しちゃいます!

30代からの日焼けは危険?日焼けによって受ける影響を解説!

30代 日焼け止め 危険 対策 正しいスキンケア方法

夏の外出時には日焼け止めを欠かさず、日焼け対策はしっかりとしてきたはずなのに、30歳頃から急にシミが目に付くようになってきます。

 

紫外線を浴びてしまうと、肌に紫外線のダメージが蓄積された結果、「シミ」として肌の表面に突然現れます。

 

例えば幼少期、「幼稚園や小学校に通いながらも日焼け止めを欠かさず塗っていた」という方は少ないと思います。

 

シミが気になり始める年齢には個人差がありますが、野外での部活などで幼少期~10代の頃に無防備に浴びてしまって蓄積された紫外線が30代になると肌の新陳代謝衰え始めるのでシミが急に気になるようになります。

 

また、オゾン層破壊の影響で地球に届く紫外線の量が昔よりも増えています。

紫外線の量が増えると皮膚ガンや白内障を引き起こし、健康面にも大きな影響があるので紫外線対策はしっかりと行う必要があります。

30代からの日焼け対策と正しいスキンケアを解説!

30代 日焼け止め 危険 対策 正しいスキンケア方法

30代になると生まれてからこれまでに蓄積されてきた紫外線によるダメージが表面にシミとして現れるなど、シミやソバカスなどの肌トラブルの悩みが多くなってきます。

それでは、30代からの日焼け対策と正しいスキンケア対策について解説していきます!!

30代からの日焼け対策とは?

30代 日焼け止め 危険 対策 正しいスキンケア方法

30代からの日焼け対策には、「日焼け止めを正しく使う」ことがとても重要です。

最近はSPFやPAが高い日焼け止めが市販されるようになりました。

 

SPFやPAが高いと日焼け止め効果の高いために、ついつい安心してしまいます。

しかし、日焼け止めの効果をしっかりと発揮させるためには、「日焼け止めは惜しみなくたっぷりと塗り、こまめに塗り直す」ことが重要です。

 

ウォータープルーフの日焼け止めも数多く市販されてますが、汗や皮脂には油分が含まれていますので、こまめに塗り直すことが重要なんですよ(^^)

日焼けに負けない!30代からの正しいスキンケアとは?

30代 日焼け止め 危険 対策 正しいスキンケア方法

うっかりと日焼けをしてしまった場合には、お肌の状態に合わせた正しいスキンケアを行う必要があります。

 

日焼けをしてしまった肌には「サンバーン」という肌が軽く火傷をしてしまったような状態と「サンタン」という肌の炎症が治まって皮膚の色素沈着を起こしてしまう状態があります。

 

日本人の場合は、「サンバーン→サンタン」と日焼けをして肌が赤くヒリヒリとした後に、炎症が治まって肌が黒くなるのが一般的です。

 

しかし、日に焼けた後には赤くならずに肌がすぐ黒くなる等、個人差があるので、自分の肌の状態をしっかりと見極めましょうね(^^)

 

肌が赤くヒリヒリとして熱をもってしまっている状態の時は、よく冷やして炎症と肌のほてりを抑えましょう。

 

この時はしっかりと水分補給することも大切です!日焼けをしてしまった時は、シートマスクを使うのもオススメですよ☆

 

肌の炎症とほてりが治まって黒くなってしまった肌は、肌の新陳代謝を促進するスキンケアや美白のケアを行いましょう。

 

私は夏の時期には水分量の多いアロエベラジェルを常備しています。

ひんやりとして肌のほてりも静まりますし、保湿も出来るので日焼けした肌にたっぷり塗っています♪

最強の日焼け対策!飲む日焼け止め!?「インナーパラソル16200」を紹介!!

30代 日焼け止め 危険 対策 正しいスキンケア方法

これまでは「日焼け対策=日焼け止めをしっかり塗る」という感じで、「紫外線カット」や外側からの日焼け対策が長い間の常識でした。

 

しかし、2017年頃からは「飲む日焼け止め」という身体の内側から事前に日焼けをしないように飲むサプリメントが登場し始めました。

 

今日は、そのなかでも有効成分の「ニュートロックスサン」が7200㎎と高配合で、国内の工場でされている安心のサプリメント「インナーパラソル16200」を紹介します!

インナーパラソル16200の公式サイトはこちら

 

30代からの日焼け対策に注目の有効成分「ニュートロックスサン」とは?

30代 日焼け止め 危険 対策 正しいスキンケア方法

インナーパラソル16200に配合されている「ニュートロックスサン」とは、シトラスとローズマリーから抽出された天然ポリフェノールです。

 

ニュートロックスサンは、スペイン・ミギュエル大学の二コル博士とモンテローザ社の共同開発によって発明されました。

 

スペインは非常に紫外線が高い国として有名なので、ニュートロックスサンが発明された背景にも納得です☆

 

また、インナーパラソル16200には、ニュートロックスサンのメーカーと契約を交わし、1日の推奨摂取量である「250㎎」以上を配合していないと使用する事が出来ないニュートロックスサンのロゴがパッケージに使われています。

 

しかも、インナーパラソル16200はニュートロックスサンが7200㎎と圧倒的に高配合の飲む日焼け止めです!

最強の日焼け対策「インナーパラソル16200」の感想を紹介します!

 

それでは、「インナーパラソル16200」を実際に試してみた方の感想を紹介します♪

 

20代女性 本田奈美さん

「インナーパラソル16200」は、現在販売されているニュートロックスサンのサプリの中で1番多く配合されているので購入してみました。

「インナーパラソル16200」を飲んですぐに白くなる!という訳ではありませんね~。

ただ、30代、40代でシミやシワに悩まないように今のうちからしっかりと紫外線ケアしていこうと思います!

実際に「インナーパラソル16200」を飲んでから、沖縄の海で一日中はしゃいで泳いできましたが、次の日日に確認したらまったく日焼けしていなかったです!

思ったより効果高くてビックリしてます♪

 

20代女性 山田かなさん

日中外でよく歩く仕事なので、日焼け止め目的と、美肌目的で購入して只今飲み始めて1ヶ月半程たちました。

前までは外に出るときは日焼け止めと、日傘と、サンガードが必須だった私ですが、今では「インナーパラソル16200」飲むだけでそのまま歩くことができるのでかなり楽になりました!

あと、私の場合は飲み始めて2週間程で肌が潤い出すと言う変化もありましたよ♪

それに伴い化粧水の使用量が減りました!!

もう紫外線は怖くないですね~。

夏の暑い日でもオシャレして外を歩けるので嬉しいです!

キメを整えつつ、日焼けも防ぐので、今後も使い続けていこうと思います♪

 

30代女性 須田明日香さん

5月から使いだして今3袋目に突入しています。

朝に飲んでお外に出かけて、家に帰ったとき毎日鏡で確認していますが、殆ど焼けて無いですね。

家族に「焼けてるかな?」って聞いても「全然焼けてないよ(笑)」と帰ってきます♪

私は紫外線が苦手で、何よりも運転中や外出中の「焼ける・・・」と思うとストレスになっていました。

今では紫外線が肌にかかってもそこまでストレスを感じません。

今後も「インナーパラソル16200」を使い続い続けようと思います!

去年に知っていたらすぐ買っていたのに・・・もう手放せませんね!

30代からの日焼け止めは危険?対策や正しいスキンケア方法 まとめ

30代 日焼け止め 危険 対策 正しいスキンケア方法

30代からの日焼け止め対策と正しいスキンケアについて解説をしてきました。

 

しっかりと日焼け止めを塗り、日焼け状態に合わせた正しいスキンケアと飲む日焼け止めで身体の内側と外側からしっかりと紫外線をブロックしていきましょう!

インナーパラソル16200の公式サイトはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


three × 4 =